司法書士・行政書士 国松偉公子事務所

ご質問・ご相談お待ちしています[月-土9:00〜18:00]
042-300-0255

当事務所の新型コロナ感染防止対策について

実務雑感vol.15~遺言&家族信託

2021年6月30日

「本人の意思の尊重」
これって、福祉の世界でだけ使う言葉?
大切だけれどちょっと扱いにくい言葉だと最近思います。
例えば、ある方に
「遺言書を作っておいた方がいいです」と
提案したとします。
ところが、分かっていても面倒くさいから
その方は手をつけようとしない。
結局周りの言うことを聞かず、
自分の想いだけノートに連ねてそのままTHE END。
正式な遺言書と認められないので、
その内容に異議があれば相続人間で揉める。
その方に尽くしてきた人が憂き目を見る・・・
そんなことは往々にして起こります。
遺言書だけではありません。
家族信託の提案でもそうです。
必要性は十分感じていただいたのだけれど
腰が重い。
そうこうしているうちに認知症になり、
なにも手が打てなくなる・・・
ご家族は右往左往する。
私はその方が遺言書を作成したり、
家族信託に取り組んでいただくのは
本人の意思に任せるべきと思ってきましたが、
最近はそれで後悔することが多くなりました。
もっとゴリゴリ押すべきだったのではないか、とか
もっと干渉するべきではなかったか、と
専門家として無力感にさいなまれることが
あるのです。
「本人の意思の尊重」
この言葉とは一定の距離を置かなければならないなと
思っています。

おしらせ一覧

ご相談は無料です
ご質問・ご相談お待ちしています。
042-300-0255
いますぐ電話する
お電話は[月-土]9:00〜18:00までの受付となります。
上記以外の時間帯は大変に申し訳ございませんが「ご相談フォーム」よりご連絡をお願い致します。
ご相談フォーム

当事務所のサービス

司法書士・行政書士 国松偉公子事務所では、身近な街の法律家として不動産登記・会社法人登記・相続・遺言・成年後見・家族信託など経験豊かなスタッフが、丁寧に対応させて頂きます。

また、登記申請については日本全国の不動産、法人の申請をお受けできます。