贈与について

贈与

不動産を配偶者や子供に贈与することは、将来の相続財産自体を減らすことになるので、相続税対策として効果の出る方法の一つです。

具体的には次のような方法が考えられます。

  • 「贈与税の110万円の基礎控除を利用して、毎年110万円分の不動産を贈与する」
  • 「贈与税の2000万円の配偶者控除を利用して、配偶者へ居住用の不動産を贈与する」
  • 「相続時精算課税を利用して、親から子へ2500万円分の財産を贈与する」

※配偶者控除・相続時精算課税を利用するためには、一定の要件を満たす必要があります。

贈与登記必要書類

贈与登記を当事務所にご依頼いただく場合、一般的に次の書類が必要となります。

(1)贈与する不動産の権利書・登記識別情報

(2)贈与する方の印鑑証明書

(3)贈与を受ける方の住民票

(4)贈与する不動産の固定資産評価証明書(登記をする年度のもの)

(5)贈与する方・受ける方の身分証明書

ご相談から贈与登記までの流れ

1.贈与登記のご相談・お見積もり 2.贈与登記のご依頼 3.書類の作成 4.登記申請 5.登記完了

手続・費用のご説明だけでも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

詳細は相続・遺言サイトへ

オールフォーワングループ

▲このページのトップヘ

  • オールフォーワングループ
  • 事務所地図|国分寺駅南口 徒歩2分
  • 無料相談受付中!
  • 夜9時まで相談受付 メール・電話相談無料 出張可遠方案件OK
  • 相続・遺言専門サイトはこちら

親身にお答えします

国松偉公子事務所 國松偉公子

国松偉公子事務所
國松 偉公子

» プロフィール

身近な相談相手として、成年後見や相続に豊富な実績があります。

オフィス住所
〒185-0021
東京都国分寺市南町3丁目
22-2 ゼルコバビル4階
TEL:042-300-0255
E-mail:office@kunimatu.jp

【業務内容】
会社設立・会社登記・不動産登記、相続・贈与・遺産整理・遺言作成・遺言執行、成年後見・法定後見・任意後見・財産管理・見守り、離婚・財産分与・公正証書起案・裁判書類作成・契約書・覚書作成

【対応地域】
東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県・千葉県等の関東一円

» 事務所紹介
» 個人情報保護方針