最新トピックス

成年後見人と遺産分割協議

2012.08.29

相続が発生して、相続人が被後見人であるという場合、後見人は被後見人を代理し、他の相続人と遺産分割協議を行います(遺言書がない場合)。

この場合、後見人として注意する最重要ポイントは、被後見人の相続分として法定相続分を確保することです。

できれば預貯金や現金などの金融資産で確保することが望ましいと言われていますが、もちろん不動産や株式などでもかまいません。

よくあるケースとして、後見人、被後見人ともに相続人であるというケースです。この場合、後見人は自ら相続人としての立場と、後見人としての立場が重複し、被後見人と後見人との間で利害が相反する状況が起きてしまいます。いわゆる「利益相反」という状態になるわけですが、これでは後見人は公正な判断をすることができません。

そこで、設けられた制度として、家庭裁判所に特別代理人の選任を申し立てるという制度があります。

この申し立ての最大のポイントは、被後見人が法定相続分を確保した遺産分割協議書案をつけて提出するということです。特別代理人の候補者も裁判所側ではなく、申立時にこちらで検討しなければなりませんが、あまり神経質にならなくてもよく、後見人の配偶者など、一見して立場の近い人でも相続権のない人ならかまいません。要は、誰がなるかということよりも、どんな遺産分割協議案なのかということなのです。

因みに、後見監督人が選任されている場合、特別代理人の選任申立をする必要はなく、後見監督人が被後見人を代理して遺産分割協議を行います。

« »

» 一覧へ

オールフォーワングループ

▲このページのトップヘ

  • オールフォーワングループ
  • 事務所地図|国分寺駅南口 徒歩2分
  • 無料相談受付中!
  • 夜9時まで相談受付 メール・電話相談無料 出張可遠方案件OK
  • 相続・遺言専門サイトはこちら

親身にお答えします

国松偉公子事務所 國松偉公子

国松偉公子事務所
國松 偉公子

» プロフィール

身近な相談相手として、成年後見や相続に豊富な実績があります。

オフィス住所
〒185-0021
東京都国分寺市南町3丁目
22-2 ゼルコバビル4階
TEL:042-300-0255
E-mail:office@kunimatu.jp

【業務内容】
会社設立・会社登記・不動産登記、相続・贈与・遺産整理・遺言作成・遺言執行、成年後見・法定後見・任意後見・財産管理・見守り、離婚・財産分与・公正証書起案・裁判書類作成・契約書・覚書作成

【対応地域】
東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県・千葉県等の関東一円

» 事務所紹介
» 個人情報保護方針