最新トピックス

不動産売買の立会その5

2012.06.18

なぜ抵当権移転が出来てしまったのでしょうか?

決済当日、当方が登記を申請する前(おそらく決済している最中)に誰かが申請したものだと推測されます。しかもその登記は「抵当権移転仮登記」だったのです。

仮登記であれば、設定時の登記済証がなくても登記できるのです。ですから手続き上は出来てしまうのです。

当時は現在のような登記原因証明情報といった制度もなく、わりと簡単にこのような登記も出来ていました。実体上の調査を法務局が行うわけでもないため、書類さえ整っていれば、あとは申請の順で矛盾がなければ通ってしまう・・・恐ろしいことです。

決済時、普通の取引ではこんなことはあり得るはずはなく、皆当事者は取引の安全を信じて、信頼関係に基づいて手続きを淡々と進めていくものです。

このケース、おそらく債権者の中の不満分子(配当の少なさに不満を持ったと思われます)がこのようないたずら(いやがらせ)をしたのだと思いました。

すぐに仲介業者に動いてもらって、このあり得ない登記を抹消するために尽力してもらい、書類を集めてこの仮登記を抹消しました。当事者たちは、しらばっくれていたそうです。

強引な取引をしないで、取引の安全のため、最終の決済時は信頼関係に基づいて淡々と手続きを進める・・・これは、日常の業務でも言えることではないか、と今振り返ってみて考えさせられる出来事でした。

 

« »

» 一覧へ

オールフォーワングループ

▲このページのトップヘ

  • オールフォーワングループ
  • 事務所地図|国分寺駅南口 徒歩2分
  • 無料相談受付中!
  • 夜9時まで相談受付 メール・電話相談無料 出張可遠方案件OK
  • 相続・遺言専門サイトはこちら

親身にお答えします

国松偉公子事務所 國松偉公子

国松偉公子事務所
國松 偉公子

» プロフィール

身近な相談相手として、成年後見や相続に豊富な実績があります。

オフィス住所
〒185-0021
東京都国分寺市南町3丁目
22-2 ゼルコバビル4階
TEL:042-300-0255
E-mail:office@kunimatu.jp

【業務内容】
会社設立・会社登記・不動産登記、相続・贈与・遺産整理・遺言作成・遺言執行、成年後見・法定後見・任意後見・財産管理・見守り、離婚・財産分与・公正証書起案・裁判書類作成・契約書・覚書作成

【対応地域】
東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県・千葉県等の関東一円

» 事務所紹介
» 個人情報保護方針