最新トピックス

不動産売買の立会その4

2012.05.28

不動産の登記事項証明書(いわゆる登記簿謄本)の見方を皆様はご存知でしょうか?

甲区は所有権に関する事項、乙区はその他の権利に関する事項が記載されています。

昔昔、ある物件に乙区10番抵当位まで抵当権が付いていました・・・普通の人が購入しようと思っても、そう簡単には手を出せないですよね。

そんな物件をある不動産業者が購入しました。当方が担当したのはある1か所でしたが、他の物件は他の司法書士が登記を担当していました。

先にその司法書士は登記をすることになっており、債権者集会のようなものにも出席したそうです。それはそれは恐ろしいものだったそうで、怒号が飛び交い、強面の方も中にはいらっしゃったそうです。たしかその集会が終わるまで3時間位はかかったと記憶しています。

その後、当方の取引の決済の日がやってきて、登記簿を取引前に確認して無事に書類もすべて調い、決済が終わり、登記を申請しました。

ところが・・・ひとつの抵当権について抹消ができませんでした。・・・なぜでしょうか??

当方が登記を申請する直前に、その抵当権移転登記が申請されてしまったのです!

もちろんこの抵当権者、普通の金融機関ではありませんでした。通常の取引の流れで、決済当日に抵当権が移転されてしまうなんて、全くありえないお話なのです・・・(つづく)。

« »

» 一覧へ

オールフォーワングループ

▲このページのトップヘ

  • オールフォーワングループ
  • 事務所地図|国分寺駅南口 徒歩2分
  • 無料相談受付中!
  • 夜9時まで相談受付 メール・電話相談無料 出張可遠方案件OK
  • 相続・遺言専門サイトはこちら

親身にお答えします

国松偉公子事務所 國松偉公子

国松偉公子事務所
國松 偉公子

» プロフィール

身近な相談相手として、成年後見や相続に豊富な実績があります。

オフィス住所
〒185-0021
東京都国分寺市南町3丁目
22-2 ゼルコバビル4階
TEL:042-300-0255
E-mail:office@kunimatu.jp

【業務内容】
会社設立・会社登記・不動産登記、相続・贈与・遺産整理・遺言作成・遺言執行、成年後見・法定後見・任意後見・財産管理・見守り、離婚・財産分与・公正証書起案・裁判書類作成・契約書・覚書作成

【対応地域】
東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県・千葉県等の関東一円

» 事務所紹介
» 個人情報保護方針