最新トピックス

任意後見制度の特徴

2011.11.12

任意後見制度の特徴といえば何でしょうか?

まずは、契約自体が公証人により「公正証書」にされ登記されるいう点です。そして契約しただけではまだ効力は生じません。このままではいわば後見人を予約だけしてあるという状態です。

実際に判断能力が衰えたら、親族やその後見人になる予定の方から「任意後見契約を発効させましょう、そのために任意後見監督人を家庭裁判所に選任してもらいましょう」という手続きを経てようやく任意後見契約がスタートします。

このような二重構造になっているので、意外とわかりにくい制度なのです。

このわかりにくさを奇禍として、ご本人の判断能力が低下しても任意後見監督人選任の申立をせずに、ご本人の財産を思うがままに動かし、不利益な財産処分がなされるといった犯罪行為に走る輩もいるようです。

ですから、安易に早急に契約をしてはいけません。

何度も会って、どんな人物なのか、どんな性格なのか、どんな団体に所属しているのか、相性はどうかなど、ご本人自身がしっかりと後見人になってもらう方を見定めておく必要があるのです。そのうえで、「よし、大丈夫だ」と思える方と契約を結ぶようにしましょう。

ちょっと難しいでしょうか?いえ、そんなことはありません。

信頼関係が築けるかどうか、持続するかどうか」が任意後見契約では一番重要であると私は思っています。

 

« »

» 一覧へ

オールフォーワングループ

▲このページのトップヘ

  • オールフォーワングループ
  • 事務所地図|国分寺駅南口 徒歩2分
  • 無料相談受付中!
  • 夜9時まで相談受付 メール・電話相談無料 出張可遠方案件OK
  • 相続・遺言専門サイトはこちら

親身にお答えします

国松偉公子事務所 國松偉公子

国松偉公子事務所
國松 偉公子

» プロフィール

身近な相談相手として、成年後見や相続に豊富な実績があります。

オフィス住所
〒185-0021
東京都国分寺市南町3丁目
22-2 ゼルコバビル4階
TEL:042-300-0255
E-mail:office@kunimatu.jp

【業務内容】
会社設立・会社登記・不動産登記、相続・贈与・遺産整理・遺言作成・遺言執行、成年後見・法定後見・任意後見・財産管理・見守り、離婚・財産分与・公正証書起案・裁判書類作成・契約書・覚書作成

【対応地域】
東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県・千葉県等の関東一円

» 事務所紹介
» 個人情報保護方針