最新トピックス

相続放棄と遺留分放棄

2011.10.15

相続放棄を被相続人が存命のうちにすることができますか?

たまにそんな質問をされることがあります。

回答はNO できません。

あくまでも相続開始からしか相続放棄はすることができません。

ところが、遺留分放棄は被相続人の存命のときにすることができます

相続放棄も遺留分放棄も家庭裁判所を利用する制度ですし、なんとなく感じが似ていますが、手続きできる時期が違うのです。

そして当方も生前の遺留分放棄の手続き依頼を受けたことがありました。

財産をもらう権利があるのに、なんでわざわざそんなことするの?誰かが放棄を強要しているんじゃない?とお思いの方もいらっしゃるはず。当方も依頼を受けた時、本当にやるの?とつくづく思いました。

本人が遺言を書いた、その内容は相続人も知っている。相続人の間でも誰かに相続財産が集中することは了承済み。ただ、その合意をはっきりと遺留分放棄という形をとってのこしておきたい・・・というようなときがあります。きっとそこには誰が本人の世話をし、誰が死に水を取るのかという問題があるのでしょう。家業を継ぐという問題もあります。

意外にも家庭裁判所はこの遺留分放棄、認めているんです。ちょっとひやひやしましたが、やってみるもんだと思いました。

ただ、この遺留分放棄は当然のことですが、遺言とセットでしないと意味がないですね。

本人が存命の間に推定相続人全員を交えて財産や生活のことを合意しておく・・・意外と現実的かもしれませんね。

 

 

 

 

« »

» 一覧へ

オールフォーワングループ

▲このページのトップヘ

  • オールフォーワングループ
  • 事務所地図|国分寺駅南口 徒歩2分
  • 無料相談受付中!
  • 夜9時まで相談受付 メール・電話相談無料 出張可遠方案件OK
  • 相続・遺言専門サイトはこちら

親身にお答えします

国松偉公子事務所 國松偉公子

国松偉公子事務所
國松 偉公子

» プロフィール

身近な相談相手として、成年後見や相続に豊富な実績があります。

オフィス住所
〒185-0021
東京都国分寺市南町3丁目
22-2 ゼルコバビル4階
TEL:042-300-0255
E-mail:office@kunimatu.jp

【業務内容】
会社設立・会社登記・不動産登記、相続・贈与・遺産整理・遺言作成・遺言執行、成年後見・法定後見・任意後見・財産管理・見守り、離婚・財産分与・公正証書起案・裁判書類作成・契約書・覚書作成

【対応地域】
東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県・千葉県等の関東一円

» 事務所紹介
» 個人情報保護方針